メインコンテンツへ飛ぶ

富岡老街

桃園市旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 中正路の赤レンガの老家屋
  • 呂家聲の洋館
  • 中正路
  • レトロな理髮店

情報

所在地:
桃園市楊梅区中正路、信義街、民生街
経度/緯度:
121.08243/24.936328
リンク:
富岡老街_観光関連リンク

話題タグ

富岡駅に隣接する「富岡老街」はその発展の歴史と駅の建設が密接に関係しています。1908年当時、「伯公岡駅」と呼ばれていた場所に富岡駅が設けられました。ここは農業集落だったため、人が川の流れのように集まり、繁栄を極め、地の利を活かして中正路の老街エリアができました。伯公岡は古くから発展していたエリアで、屋台が市をなし、非常に賑わっていました。しかし、鉄道が迂回したことにより、繁栄は過去のものとなってしまいました。現在は異国情緒溢れる洋館建築がかつての栄華を物語っています。

中正路上にある呂家聲の洋館は老街において最も代表的な建築です。横幅は五軒の店先を跨いでおり、高さは二階建てで、迫力ある外観となっています。華麗なバロック様式で、中央にはドームとペディメント、対称的なローマ様式の柱および精緻な彫刻模様が見られます。これは持ち主の裕福な生活を表しています。呂宅は1929年に起工し、二年の歳月をかけて完成しました。数十年を経ても老街で目を引くランドマークとなっています。信義街にある町屋は呂宅に比べると、明らかに質素ですが、赤レンガやアーチの中をゆっくり歩くと、地元の人たちの静かな暮らしを垣間見ることができます。まるで昭和に戻ったかのような緩やかな時間を体感できます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:
  1. 国道1号-平鎮ジャンクションで降りる-省道台66線-省道台31線-民有路一段-員本路-民富路三段-信義街
  2. 国道3号-大渓インターチェンジで降りる→市道112甲線→省道台66線-民有路一段-員本路-民富路三段-信義街
公共交通機関:

鉄道で「富岡駅」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2022-05-18
トップ 前のページ