メインコンテンツへ飛ぶ

二水

彰化県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 二水自転車道

田園地帯の小さな町である彰化県の二水は、八卦山と濁水渓を主軸とした景観で、山と水のある風景が心地よく、自然で爽やかな観光資源を形成しています。 二水駅は、台鉄集集線と西部縦貫鉄道の分岐点となる交通の要衝で、集集・日月潭・渓頭など南投県の「内山」と呼ばれる山間地域への重要な玄関口でもあります。

台湾の三大運河の一つである「八堡圳」、名高い「林氏廟」、文人がこぞって求める螺渓の石硯、タイワンザルの保護区、集集線、サイクリングロードなど、旅行におすすめのスポットがたくさんあり、あなたの「知性の旅」におすすめです。

碧雲禅寺
この地域で最も古い仏教寺院で、慈悲深い観世音菩薩を祀っています。山を背にして池を目の前にした碧雲寺は、厳粛な雰囲気の中にも寂しさと静けさを感じさせます。

林先生廟
清朝時代に八堡圳の水利施設開発に尽力した人々を記念して建てられた廟で、古風な雰囲気をたたえ、山水の風情に溢れ、優雅で独特な建築様式を兼ね備えています。

台湾螺渓硯石
「螺溪硯石」は、濁水渓の支流である螺渓で採れる二水の特産品です。石が硬く繊細なため、水分を保持でき、乾燥しにくいので、良い墨が作れます。 また乾燥して堅くなることもなく、洗いやすいなどの特長を備えた特上の硯が出来ます。螺渓硯の色はたくさんありますが、深紅のものは希少で最も価値が高いといわれています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→名間インターチェンジで降りる→省道台3線→県道152線

公共交通機関:

鉄道で「二水駅」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-04-20
トップ 前のページ