メインコンテンツへ飛ぶ

荷苞山コーヒー園区

日本統治時代に日本人が荷苞山に大量のコーヒーの樹を植えたところから、「コーヒー山」とも呼ばれていました。荷苞山は海抜300mで、コーヒーの産地として有名なジャマイカとほぼ同じ緯度に位置し、亜熱帯気候で十分な水と太陽の光があることに加え、水はけの良い砂質土壌がコーヒー豆の生育に適しています。ここで栽培されるコーヒーはアラビカ種で、山のあちこちに様々なスタイルのコーヒーショップが林立し、荷苞山のある古坑郷は、コーヒーの故郷となっています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-9-52886389
所在地:
雲林県古坑鄉荷苞村
経度/緯度:
120.60533/23.64814
リンク:
荷苞山コーヒー園区 観光関連リンク
自家用車:

国道1号線を西螺ICで下り、省道1丁線、斗六、省道3号線を進み、地母廟の標識からすぐ。
国道3号線を古坑ジャンクションで下り、省道台78号線、仁義路、崙南路、嘉新路、長安路、廣濟路、県道149甲号線を進む。

公共交通機関:

斗六から日統客運草嶺線の路線バスに乗り、「地母廟」下車すぐ。