メインコンテンツへ飛ぶ

お知らせ

合計:42 各ページの件数:10 合計ページ:5 現在のページ:4
  • お知らせ

    イロイロ遊び台湾通信Vol.2

    2020-08-03

    メールマガジン「イロイロ、遊び台湾 通信Vol.2」が発刊されました!  今号では、8月の台湾の最新ニュースと季節のおすすめ情報を紹介しています。次号もお楽しみに! イロイロ遊び台湾通信Vol.2

  • お知らせ

    「台湾通V2.0」分りやすくパワーアップ!

    2020-08-01

    好評いただいている“台湾通”台湾観光検定クイズが、写真・画像も加えて“台湾通V2.0”としてバージョンアップ。皆様によりわかりやすく、再度チャレンジしていただけるようリニュアルしました。これまで同様、観光から文化、自然や歴史等、台湾の観光地にまつわる基礎情報、台湾観光局おススメ観光地の質問等、多岐にわたるジャンルの問題が出題され、台湾が盛りだくさんの内容です。また今回は、チャレンジされ「ゴールド」ランクに達成した中から毎月抽選で100名様に、台湾観光局オリジナルグッズをプレゼントします。プレゼント内容は毎月変わります。ぜひ台湾観光クイズで遊びながら台湾を学んで“台湾通!”を目指しましょう! 台湾通V2.0検定ウェブサイト

  • お知らせ

    オンライントラベル講座 『台湾同学会~CREA台湾特集 おいしい裏話』開催のご案内

    2020-07-28

    台湾観光局では、台湾を応援してくださる皆様、台湾旅行に関心をお持ちの方に向けたプログラムとして、「台湾同学会」と題したトラベル講座を台湾観光促進に携わっておられる各分野のエキスパートを招いて、オンラインを通じて順次開催していきます。 新型コロナウイルスが世界で未だ猛威を振るう中、各国で渡航制限・行動制限が敷かれ、近くて近い台湾の旅も現在は叶わず台湾ロス症候群に陥っている方も多数いらっしゃることと思います。 そんな皆様に向けて、人気女性誌の「CREA」編集部台湾特集取材班をお招きして、CREA台湾特集 おいしい裏話~台湾特集チームによる、現地取材レポート~」と題して、下記の日程で開催いたします。 同誌は、2020年2月後半、コロナ禍初期に、日本がまだ実感のない中で、いち早く防疫体制を整えていた台湾を5チームに分かれて、約1週間の取材を敢行。取材のメインテーマは、「おいしい台湾」として、台北だけにとどまらず、基隆、宜蘭、台中、台南などへも足を運び精力的に取材をこなし、2020年5月に3年ぶりの大型台湾特集号が発売されました。今回は、その取材チームの皆様による取材レポートをご講演いただきます。 講座の最後には、クイズを出題し、正解された方の中から30名様に素敵な台湾観光局特製のプレゼントもご用意していますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。 ■開催日:2020年8月5日(水) ■スケジュール: 10:30 開会挨拶 CREA台湾特集 おいしい裏話 ~台湾特集チームによる、現地取材レポート~ ゲストスピーカー:CREA編集部台湾特集取材チーム 11:45 台湾観光トピックス 12:00 終了 ■募集定員:500名(参加無料) ※事前登録が必要となります。登録は先着順となり、定員になり次第締切ります。 ■参加申込【定員に達しましたので、申込を締め切らせて頂きました。】 ※インターネット環境により、ウェブセミナーにアクセス出来ないケースがあります。尚、ウェブセミナーへのアクセスは、登録をいただいたメールアドレスからのみ可能です。 又、終了後の登録証も登録メールアドレスへ送付されます。登録証は再発行不可ですのでお取り扱いに充分ご注意下さい。

  • お知らせ

    イロイロ遊び台湾通信 日台共同制作NHKドラマ 「路(ルウ)~台湾エクスプレス~特別号」第1回

    2020-07-27

    台湾観光局・台湾観光協会 東京事務所から、メールマガジン「イロイロ、遊び台湾 通信」の「路」特別号が発刊されました! 台湾新幹線プロジェクトを題材に日本人と台湾人の心の交流を描いた、NHK・台湾公共放送局共同制作ドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」。 ドラマに登場した台北の街を歩いてみましょう! イロイロ遊び台湾通信「路(ルウ)~台湾エクスプレス~特別号」第1回

  • お知らせ

    オンライントラベル講座 『台湾同学会~台湾防疫旅行について』開催のご案内

    2020-07-17

    台湾観光局では、台湾を応援してくださる皆様、台湾旅行に関心をお持ちの方に向けたプログラムとして、「台湾同学会」と題したトラベル講座を台湾観光促進に携わっておられる各分野のエキスパートを招いて、オンラインを通じて順次開催していきます。 新型コロナウイルスが世界でまだ猛威を振るう中、各国で渡航制限・行動制限が敷かれ、近くて近い台湾の旅も現在は叶わず台湾ロス症候群に陥っている方も多数いらっしゃること思います。 そんな皆様に台湾の街中や人々の生活スタイルなど、最新の情報をお届けいたします。今回は、いつも楽しい台湾の観光ツアー情報を提供すると評判の台湾観光情報サイト「台北ナビ」編集長森下実希様をお招きして、「台湾防疫旅行について」と題して、下記の日程で開催いたします。講座の最後には、クイズを出題し、正解された方の中から30名に素敵なプレゼントもご用意しています。多数の方々のご参加を心よりお待ちしております。 ■開催日:2020年7月30日(木) ■スケジュール: 10:30 開会挨拶 10:40 台湾防疫旅行について ゲストスピーカー:台湾観光情報人気サイト「台北ナビ」編集長 森下実希 様 11:45 台湾観光トピックス 12:00 終了 ■募集定員:500名(参加無料) ※ 事前登録が必要となります。 登録は先着順となり、定員になり次第締切ります。 ■参加申込※定員に達しました -->

  • お知らせ

    交通部観光局が日台観光オンライン対話を始動 渡航制限の早期解除、相互の観光交流の回復を強化

    2020-07-02

    新型肺炎の世界的な感染拡大により、観光産業が多大な影響を受けている中、交通部の林佳龍部長による「早期対応」政策の下、交通部観光局は迅速に「支援」「振興」「展望」政策を打ち出し、段階的に観光産業の振興を支援し、「防疫旅行」「安心旅行」「国際旅行」の3フェーズを通して、旅行業界の変革、国内旅行の発展、外国人観光客訪台の回復の支援を行っている。 2019年の日台の相互訪問者数は708万人にのぼり、台湾の強力な海外旅行の潜在市場は、新型肺炎の封じ込め成功と同様に国際社会の注目を浴びている。三重県の鈴木英敬知事は日台の観光交流の回復を非常に重視しているとしていることから、交通部観光局と三重県は6月30日(火)にオンライ会議を実施。観光局の張錫聰局長、台湾観光協会の葉菊蘭会長、鈴木知事の三者が会議に臨んだ。鈴木知事は台湾のコロナ対策を称賛したほか、台湾からのマスクや医療物資の支援に謝意を示した。また、台湾と三重県は重要なパートナーであり、将来的に観光や修学旅行といった交流の回復支援に協力し、ポストコロナ時代の安心で安全な旅行の推進のため、すでに県内の施設で対策を行っており、日台で渡航制限が解除された折には必ず台湾を訪問したいとした。 張局長は三重県が長年にわたって台湾のランタンフェスティバルに出展し、パフォーマーを派遣してきたことに謝意を示し、台湾は国際社会の一員として、運命共同体の精神で、過去に例のない感染症の世界的拡大を共に乗り越えていくとした。また、台湾と三重県は将来的に再び「ランタン」の光で希望を照らし、迅速に台湾と日本の密接な交流を復活させたいとした。葉会長は三重県とみんなが史上類のないこの危機をうまく乗り越え、手と手を取り合ってポストコロナ時代に向かっていきたいとした。また、台湾はすで日常生活を取り戻し、国内旅行も徐々に回復している。台湾は今回の防疫と回復の経験を分かち合う準備があり、ポストコロナ時代の新たな生活のためにお互いに努力していきたい。今回のオンライン会議は日台の新たな交流の幕開け的な意義があるとした。 交通部観光局は早くから外国人観光客の訪台市場振興の準備を進めてきた。6月上旬には複数回にわたって国内のインバウンド業者との意見交換会を開催し、コンセンサスを得た。台湾での新型肺炎の感染の収束は、外国人観光客の台湾観光推進のアドバンテージであり、安心して外国人観光客が台湾観光できると世界中に台湾の新型肺炎の封じ込め成功をアピールし、外国人観光客の訪台市場の回復と成長につなげる。また、二国間協力旅行を推進し、国際観光市場の動向を掌握することで、国際宣伝計画を企画し、CDCの政策に合わせて、外国人観光客の台湾旅行の推進期間を調整する。7月中旬には「2020在外弁事所マーケティング宣伝討論オンライン会議」を開催し、弁事所の各市場の担当者が新たな考え方で早期対応を行い、渡航制限が解除されると同時に各種振興を実施し、迅速に外国人観光客の訪台市場規模の回復に努める。

  • お知らせ

    イロイロ遊び台湾通信 Vol. 1

    2020-07-01

  • お知らせ

    旅行業者の海外ツアー及び訪台観光ツアー 催行暫定中止を7月31日まで延長

    2020-06-23

    効果的な防疫及び感染症拡大抑制の為、台湾観光局では、中央感染症指揮センターの防疫措置に従い,台湾旅行社の国内外ツアー催行及び受け入れの一時中止を7月31日まで継続します。今後の感染状況に応じて、都度その公布内容を調整するものとします。同ツアーのキャンセル費に関する徴収原則は、台湾の海外旅行定型化契約第14條に基づいて行います。 また7月31日以降のツアーキャンセル費の徴収原則に関しては,ツアー客のキャンセル時における中央感染症指揮センターが公布する海外感染状況及び指標等で実施,旅行社にはツアー客に有利な方法を優先的に適用する事を要請します: 第一級注意(Watch),国民は目的地の一般的な預防措施を順守する:国外旅遊定型化契約第13條に基づく。 第二級警示(Alert),国民は目的地において防御措置を強化する:国外旅遊定型化契約第15條に基づく。 第三級警告(Warning),国民は目的地への全ての不要不急な旅行を回避する:国外旅遊定型化契約第14條に基づく。 ツアー客と旅行社間で、新型肺炎による影響で旅行をキャンセルし、そのキャンセルチャージに関して異議が生じた場合は,関連資料を同封の上、中華民国旅行業品質保障協会(住所:台北市民権東路2段9号5階,電話:02-25995088)へその調停を申しこめます。不調の場合、台湾観光局にその調停依頼を申請出来ます。

トップ 前のページ