メインコンテンツへ飛ぶ

新埔小鎮

新竹県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 柿餅
  • 干し柿
  • 三聖宮
  • 劉氏家廟
  • 柿を干して餅を作る

情報

電話番号:
+886-3-5881311
所在地:
新竹県新埔鎮中正路776号(新埔鎮役所)
経度/緯度:
121.07129/24.827879

話題タグ

干柿の香り、梨の甘さ
新埔鎮には、独特の丘陵の地形があり、乾燥し、雨が少ない気候と、毎年9月から12月にかけて吹き寄せる九降風という自然の地理と天候の条件により、干柿の製作に必要な乾燥や脱水などの要件が揃っています。そのため、新埔鎮で生産される干柿には、特別な香りと歯ごたえがあり、そのおいしさは有名です。

新埔鎮で生産される新埔梨は、毎年6月中旬頃から次々と市場に出回りますが、7月中旬に採られた梨の品質が比較的優れています。新埔梨は、台湾の「冬梨」の種類の中で、収穫が最も晩く、現在、新埔鎮では、毎年32000キログラムの出荷量を維持しています。お店で買う以外に、地元の果樹園で、田園の美しさを楽しむこともできます。

客家風、宗廟の情
新埔鎮の住民の90%は客家人です。客家人の生活は質素で、勤勉で、建築の面でも独特な形式があります。住民は、日が昇ってから沈むまで働き続け、畑を耕して食事にし、井戸を掘って飲料水にして、素朴な民族と村を守っています。

文化の全盛と農業の没落を経て、これらの客家特有の伝統文化は、劉家祠堂、和平老街、双塘屋などの積極的に保存された客家旧跡の中に、その昔の輝きを見出すことができます。これらの華麗な三合院建築のほかにも、新埔鎮を歩いていると、昔ながらの伝統的な客家料理の香りが漂い、空気の中に、伝統的な客家の町の変わり行く風情が見て取れるようです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→竹北インターチェンジで降りる→県道120線→県道117線→県道118線

公共交通機関:

鉄道で「新竹駅」下車、中壢行きの新竹客運バスに乗り換え、「街尾バス停」下車。

ツアー

最終更新日時: 2019-03-12

周辺情報

トップ 前のページ