メインコンテンツへ飛ぶ
2016-12-26

【台湾鉄道】途中下車の旅 台湾鉄道海岸線 後龍駅・白沙屯駅・新埔駅・通霄駅


【台湾鉄道】途中下車の旅 台湾鉄道海岸線 後龍駅・白沙屯駅・新埔駅・通霄駅

台湾鉄道海岸線 後龍駅
風車と風に吹かれて、海岸線を旅しよう。

台湾鉄道海岸線 後龍駅 風車と風に吹かれて、海岸線を旅しよう。

後龍駅は、竹南駅から始まる台湾鉄道海岸線(海線)第四の駅です。後龍までの車窓には、広大な田畑や中港渓の流れなどの田園風景が広がります。2015年12月には後龍鎮内に台湾高速鉄道苗栗駅が開通、アクセスが更に便利に。

後龍駅のマップ

・客家円樓

客家円樓

客家円樓は、円形の土壁で囲った客家の伝統家屋「土楼」をモチーフとした施設です。館内では客家文化の展示などが行われ、周囲の池には水鳥が泳ぎます。夜間はライトアップされ、建物が池の水面に映る姿は、特に美しいです。

Add:苗栗県後龍鎮校椅里7隣新港三路295号
Open:9:00-17:00、月曜定休

・英才書院

英才書院

清代に設立された英才教育機関を由来とします。現在の建物は、中国閩南地方(福建)建築と各地の書院を参考に建築されたものです。官僚登用試験「科挙」についての展示やゲーム、官僚衣装試着体験、台湾郷土文化紹介の展示などがあり、遊びながら楽しく学べます。

英才書院でコスプレ

Add:苗栗県後龍鎮新港三路700号
Open:9:00-17:00、月曜定休
Ticket:NT$50

・好望角

好望角

風力発電機

視界をさえぎる物のない高台の上からの眺望は、まさに絶景です。緩やかな曲線を描く海岸線に並ぶ風力発電機、時おり平地を駆け抜けていく鉄道が、パノラマの世界に浪漫を沿えます。足元から見上げる風力発電の風車も圧巻です。美しい夕日の名所としても有名です。

・後龍小吃店

後龍小吃店

地元民推薦の伝統小吃店。各種麺や水餃子、炒飯などが揃います。中でも、紅麹漬け豚肉を揚げた炸紅焼肉(NT$100)は店を代表するメニューのひとつです。大きな海老が眼を引く海産麺(NT$70)は、野菜がたっぷりで優しい味わいです。

Add:苗栗県後龍鎮中山街88-5号
Open:平日9:00-21:30、週末定休

台湾鉄道海岸線 白沙屯駅
スローテンポで旅したい、風と海の街。

電車が後龍駅から白沙屯駅まで進む間には、白波が立つ台湾海峡と、更に多くの風力発電の風車が、次々と車窓に飛び込んできます。風と海が織り成すこの地方独特の風景が、鉄道の旅の醍醐味を感じさせてくれるでしょう。

白沙屯駅のマップ

・拱天宮

拱天宮

1863年の拱天宮創建以前より、媽祖は人々の深い信仰を集めてきました。年に一度の北港朝天宮への媽祖巡礼は、すべての行程が媽祖のお告げによって定められ、数千人の信者が徒歩で移動します。白沙屯媽祖のみで見られる貴重な宗教文化として知られています。

・通霄精塩工場

  • 通霄精塩工場
  • 通霄精塩工場のエリア内

戦前の専売局の流れを汲む国営企業が民営化後、2011年に台湾で唯一の塩業観光工場へとリニューアル。園内は、生産エリア(参観要予約)と塩の博物館「塩來館」エリアに分かれ、緑豊かな屋外エリアには、海洋温泉足湯や物販のコーナーもあり、楽しく遊びながら塩の歴史や効能を学ぶことができます。塩アイスキャンディーも人気です。

Add:苗栗県通霄鎮内島里122号
Open:平日8:10-17:00、週末8:30-16:30

 

・石蓮園火車餐庁

石蓮園火車餐庁

青い空に映える台湾鉄道の青い車両は、廃棄処分される車両を、元台鉄マンだった石蓮園主人が買い取って運んできたものです。本物の車両の中で、駅弁を頬張りつつ、車窓から砂浜を望めば、気分は鉄道の旅そのものです。夏の朝には、敷地内の蓮池に美しい蓮が咲き乱れ桃源郷の趣です。海辺も、昼の青空と白い波、オレンジに燃える夕日と、時間ごとに表情を変え、眺めて飽きることがありません。車両を改良した民宿での宿泊もおすすめです。

青い空に映える台湾鉄道の青い車両

  • 鐵支路便當組合餐(スープ・ドリンク付駅弁セット)
  • スープ・ドリンク付駅弁セット

鐵支路便當組合餐(スープ・ドリンク付駅弁セット)は、NT$200より。

Add:苗栗県通霄鎮白西里19隣153-8号
Open:11:00-19:00、水曜定休

台湾鉄道海岸線 新埔駅
ノスタルジックで摩訶不思議なユートピアへGO!!

新埔駅

ノスタルジーあふれる田舎の小さな木造駅舎に降り立てば、海がやさしく旅人を迎えてくれます。白い駅、青い空と海、緑の植栽や畑、極彩色の彫像など、色彩あふれる新埔駅周辺。童心に戻って、小さな冒険に出かけましょう。

・新埔駅

新埔駅

  • 新埔駅の風景
  • 新埔駅の景色

苗栗の談文、大山、新埔と、台中の日南、追分。これら五つの日本統治時代建設の木造駅舎は、「台鉄海線五宝」と讃えられる鉄道ファン必訪の聖地です。中でも新埔駅は、「海に一番近い駅」として人気を集めています。

・秋茂園

秋茂園

日本に留学し財を成した黄秋茂博士が、台湾へ帰郷後、母への無限の愛と、世界平和への思いを込め、1976年に自費開園した秋茂園。敷地内には、世界のあらゆる宗教の建物や、十二支や西遊記などの昔話や神話の登場人物、動物や世界の偉人などの、極彩色に彩られた様々な彫像たちが並びます。可笑しみのある表情やポーズが笑いを誘うが、ポップな色彩が絶妙なバランスで、独特の美観を漂わせます。カラフルでキッチュな、摩訶不思議ユートピアです。

秋茂園の園内風景

  • 西遊記
  • 滑り台

動物の極彩色に彩られた様々な彫像

Add:苗栗県通霄鎮通湾里20-1号
Open:8:00-17:00

・四窩口

河口に架かる橋

堤防上の遊歩道

秋茂園西側大門(後門)を抜ければ、目の前には何処までも広がる青い海です。堤防上の遊歩道を南に下ると、小さな河口に出会います。ここが四窩口です。河口に架かる橋と寄り添う東屋が一幅の絵の趣です。夕陽も美しいです。

台湾鉄道海岸線 通霄駅
台湾近代史を巡る歴史散歩

通霄駅そばを流れる南勢渓は、かつては船が行き交い、通霄は清代より貿易の拠点として栄えました。時代が移った現在も、地域には各時代の名残が静かに息づき、旅人の訪れを待っています。

通霄駅のマップ

・通霄神社

通霄神社

虎頭山公園の森の中にひっそりと佇む通霄神社は、日本統治時代の昭和12年(1937年)建立です。拝殿は戦後、国民党政府により閩南式の「通霄忠烈祠」に改築されましたが、鳥居や石垣、参道に並ぶ石灯籠などが、往時の様子を偲ばせます。

文・写真/台湾観光月刊

    訪問者数:2587