メインコンテンツへ飛ぶ

観光工場

時代や産業構造の変化により、数多くの工場が経営の行き詰まりを解消するため、政府経済部の指導と査定を経て、「観光工場」へと経営転換を図っています。これは生産や製造はそのまま続けながら、工場の一部を観光客に開放するというものです。

観光工場はそれぞれ独自にテーマをもっています。敷地内を緑化・美化するだけでなく、製品の製造過程の見学や文物や資料の展示、体験施設などのサービスを提供しています。いずれも豊富な産業知識と文化を得られる美しいレジャー空間となっています。知性とレジャーが一つに合わさった新しいタイプの観光スポットと言えるでしょう。

観光工場は台湾各地にあり、その種類はさまざまです。大きく5つに分類できますが、まずは「芸術人文超歓楽系列(芸術と人文に関する商品)」(気球、ボディーペインティングの顔料、芸術ガラス陶芸、楽器、手作り紙)、次に「開門七件事系列(7つの生活必需品)」 (薪、米、油、塩、醤油、酢、お茶など日用必需品)、三つ目は「居家生活超幸福系列(暮らしに関する商品)」(寝具、家具、子供服、マタニティウェア、バス・トイレ用品、石けん、タオル、建材)、四つ目は「醇酒美食超級讃系列(美酒とグルメに関する商品)」(ケーキ、クッキー、滷味(台湾風煮物)、水産品、肉製品、チョコレート工場、香り豊かな酒類)、五つ目は「健康美麗超亮眼系列(健康や美容に関する商品)」(健康食品、酵素、化粧品)です。こうした観光工場ではいつもとは異なる新しいスタイルの旅を体験できることでしょう。

観光工場オフィシャルサイト