人気 : 九份九分高雄淡水
 

台湾の屋台料理

擔仔麵
擔仔麵

台南で発祥し、のちに台湾全国に広まった担仔麺は、こぶりの碗にゆでた油麺とモヤシをいれてスープをかけ、更に豚のそぼろ肉と海老、香菜、ニンニクソース、などをのせた料理です。もっと豪華にという場合は、滷蛋(ゆで卵の醤油煮)や魚のツミレが追加オーダーできます。

棺材板
棺材板

台南名物のこの料理は、揚げた食パンの中をくり抜いて鶏肉やエビ、人参、ジャガイモが入ったクリームシチューを入れ、さらにパンで蓋をしたものを指します。「棺材」とは棺おけのことで形状からその名が付けられました。

肉圓
肉圓

肉圓(バーワン)で有名な地域は彰化と新竹です。肉圓はサツマイモのデンプン粉や米の粉、片栗粉などを水で溶いて作った皮に、豚肉やシイタケ、竹の子などを詰めたもので、弾力のあるモチモチの皮に濃い味付けの具が絶妙な味を生み出しています。

潤餅
潤餅

台湾の夜市では必ず見られる小吃です。ゆでたキャベツやモヤシ、薄焼き玉子の千切り、紅糟肉(酒かすを衣にしてあげた肉)、ピーナッツの粉などを春巻きの皮で円柱状に包んだもので、ホカホカのうちにいただきます。

蚵仔麵線
蚵仔麵線

新鮮な牡蠣と細い「紅麺」を使った汁麺です。煮てものびにくく、コシのある紅麺をスープで煮た後、片栗粉でとろみをつけます。それに湯通ししたカキと醤油で煮込んだ豚のホルモンをのせ、最後に黒酢や特製の調味料、香菜をちらします。

刈包(虎咬豬)
刈包(虎咬豬)

もとは中国の尾牙(忘年会)で食べられる伝統的な点心(おやつ)でしたが、今では台湾の夜市で一般的に見られます。フワフワの蒸しパンにしょうゆ味で煮込んだ豚肉や酸菜(高菜漬け)、ピーナッツの粉、香菜をはさんだもので、いわば中華式ハンバーグです。

臭豆腐
臭豆腐

臭ければ臭いほど美味しいといわれるのは臭豆腐だけでしょう。ひとたび慣れればやみつきになるのも臭豆腐です。発酵させた豆腐をカリカリの黄金色になるまで揚げて四つ切りにします。甘酸っぱいキャベツの漬物と一緒に食べれば、意外にあっさり。サクッとした外側と中の柔らかい豆腐は絶妙な味です。

蚵仔煎
蚵仔煎

蚵仔煎(オアチェン)とは台湾の代表的な夜市小吃で、牡蠣(カキ)入りのオムレツを指します。油を敷いた熱い平鍋に新鮮なカキをのせ、その上に水で溶いた片栗粉とサツマイモの粉を流します。次に溶き卵と野菜をのせて、強火で焼けば出来上がり。。特製の甘酸っぱいタレをかけると一段と美味しくいただけます。

蔥抓餅
蔥抓餅

葱油餅(ネギ入り台湾風クレープ)には以下のような由来があります。かつての台湾社会はほとんどの家庭が農業に従事していました。そんな中、農夫たちに愛されていた軽食が「葱油餅」でした。ネギは台湾ではどこでも手に入る農作物であり、農家の人々は田畑で休憩する時に愛妻の手作り「葱油餅」を食べていたと言います。現在、台湾で最も有名な葱油餅と言えば「三星葱油餅」が挙げられます。宜蘭県の三星郷は、弱酸性の土壌をもち、工場汚染がなく、昼と夜の気温差が大きい土地として知られています。ネギは湿気があるところを好み、水気を嫌います。三星の表土の下には石が埋められており、隙間が大きいため、排水が良好です。このため、青ネギもゆっくり生長し、品質が優れています。「三星青葱」は肉厚の葉をもち、白くて長く、かつ繊維質が少ないのが特徴です。三星青葱で作った「葱油餅」は、葱本来の甘みが感じられ、小麦粉の香りを十分に味わえます。

ご友人にシェア