メインコンテンツへ飛ぶ

台東県

台東県は面積では台湾第3の県で、西側は中央山脈、中北部は海岸山脈と、二つの山脈を擁しています。

平原から高山地帯、海洋から離島と、自然景観はきわめて多彩です。生態も熱帯、亜熱帯から寒帯までの植物が見られます。山脈や海流の影響で、台東県は平均気温22℃以上の月が8か月もあります。台東が太陽の故郷と呼ばれる所以です。台東の海岸線綿は176kmに達します。岩礁地帯が多く、近年はホエールウオッチングが盛んです。緑島と蘭嶼にはトロピカルアイランドの風情があり、海洋の旅をいっそう華やかにしてくれています。

台東県はまた、とくに先住民文化の多彩なところです。もっとも早期は、旧石器時代にまで遡ります。長浜文化、麒麟文化、卑南文化などと呼ばれている遺跡が発掘されています。その数は、未発掘のものも含めて1~2百ヵ所に達します。台湾先史文化の宝庫とも申せましょう。台東県の特産は、金針花、福鹿茶、蝴蝶蘭、初鹿牧場の牛乳、日本米に近い池上米など、多士済済です。

もっと多くの旅行情報

おすすめの観光スポット

国家風景区

国家森林遊楽区

ツアースポット

温泉

観光牧場

ビーチ/島

灯台