メインコンテンツへ飛ぶ

高美湿地風景区

次は本サイトが使用するキーボード操作となります-アルバム機能の説明:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESC鍵:離開相簿

「高美湿地」は、清朝道光年間、彰化県志中の「高密」と呼ばれていたところです。「清水」と呼ばれるその一帯の早期の主な集落の一つでした。日本統治時代に「高美」と改名されました。「高美湿地」の面積は約300ヘクタールで「大肚溪口湿地」の面積の十分の一にすぎません。その地形は土壌の種類、植生、河口に流れ出る状態よって、7種類に分類されます。地形の多様性は生物の多様性を生み出します。この地はまだ人の手がそれほど及んでいないので、天然資源に富み、国内でもめずらしいカリやカモなどの渡り鳥の密集した繁殖地として知られています。

「高美湿地」は、面積は小さいながらも、乾地と湿地の壌土、砂質壌土、また沼地が相まっているため、豊富で複雑な湿地生態が形成されています。清水で最も重要な自然資源で、絶滅の危機に瀕した珍しい植物「雲林莞草」がひろがっています。その複雑な生態のため多くの種の鳥類、魚類、甲骨類、そのた無脊椎動物が生息しています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-4-2656-5810(高美旅遊網)
所在地:
台中市清水区大甲渓出海口
経度/緯度:
120.5498324/24.3121013
リンク:
高美湿地風景区 観光関連リンク
自家用車:

国道3号→中港システムインターチェンジ→国道4号→清水端インターチェンジで降りる→省道台17線→高美路

公共交通機関:

鉄道で「清水駅」下車、高美湿地行きの巨業客運バスに乗り換え、「高美湿地バス停」下車。

旅行ルートを計画(出発地点によって最適な交通手段を選べ、旅のルートを計画できます)