西門紅楼
西門紅楼

1908年に西門紅楼が建てられてから今まで、すでに百年が経ちました。もともと台湾で初めての政府が建設した公営市場で、今全国で最も古く、完全な三級古跡市場建築物でもあります。当時台湾総督府建築科を担当し、西洋建築が得意だった日本籍建築家近藤十郎が設計しました。若くて大胆なアイデアで、「八卦造型」をとりいれ、八方から集まってくるイメージを市場の入り口にして、「十字架造形」を市場の主体の特色にしました。これは空前絶後であり、東西建築史上初めてです。現在いわゆる八角楼と十字楼に、隣の南北広場を加えて、「西門紅楼」と呼ばれます。

2007年11月台北市役所文化局は、台北市文化基金会に運営管理を委託して、文化的な活動内容で新しく作り直しました。八角楼内の二楼劇場、中央展示区、百寶格、町西茶喫、西門紅楼精品区と十字楼縦段の16工房、文芸展覧プラットフォームと十字楼横段の河岸留言西門紅楼展示館および北広場の市場、月光映画館、南広場の露天カフェ区など多元的な地区を設け、西門紅楼全体のサービスを向上し、新しい創意空間を作り、新しいグループを引きつけ、新旧台北文芸の交流の場所を拡大し、台北市の新しい文化創意産業発展の中心に変身することに成功しました。並びに2008年第七期【台北市都市景観大賞】歴史空間活性化賞を獲得しました。

百年の経歴 歷史紅楼
1908年 西門市場八角堂-紅楼が完成し、西門町は日本人の移住専門区になりました。非常に繁栄し、万華、大稲埕、城内の三つの娯楽の中心になりました。同時に、日本人は大東亜共栄圏アジア娯楽の重鎮だとみなしていました。

1945年 日本が敗戦し、国民党政府が台湾にやってきて、大量の外省移民が流れ込みました。紅楼劇場の繁栄を支えました。演芸が盛んで、上海の京劇、紅楼書場、黄金話劇が移民の心の慰めになりました。

1963年 西洋の思想が流行し、紅楼映画館が開園し、モノクロ武侠、西洋映画、時代劇などを上映しました。チケット価格が安く、いつも人がいっぱいで、学生に人気がありました。紅楼で映画を見るのは当時の学生の共通の思い出になりました。

1990年代 紅楼の小さなお店の中で、ボロボロの違法建築が、都市発展とともに東に移転して、没落しながら生きながらえました。

1994年 「紅楼夢.西門情」展示活動が、再生の契機を生みました。

1997年 紅楼が三級古跡として公告され、同年紅楼映画館が休業しました。

2000年 火事によって十字楼及南北広場違法建築が燃え、紅楼の新しいページが開かれました。

2002年 紙風車文教基金会が、「紅楼劇場古跡再建築」の任務を引き受け、演芸団体の力を集めて、順番に来応援を行い、紅楼のにぎやかさを取り戻しました。

2008年 百歳になり、台北市文化基金会が後を引き継ぎ、次々と三大活動:【百年祝福‧紅楼物語】百年特展、第一期【設計 遊楽紅楼】創意商品大賞および音楽コンテスト【揺れろ!紅楼、また百年!】を行いました。のべ250万人近い観光人数を積み重ね、西門紅楼はすでに西門町で必ず訪れる場所になりました。

旅行案内

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。 

+886-2-2311-9380
所在地台北市萬華区成都路10号google map 新規ウィンドウを開く
経度/緯度  (121.506638,25.041943)
リンクlink
マイカー
  1. 国道1号→円山インターチェンジで降りる→建国北路→建国高架道路→インターチェンジの忠孝東路出口を降りる→建国南路一段→忠孝東路三段→忠孝西路一段→中華路一段→成都路
  2. 国道3号→中和インターチェンジで降りる→省道台64線→文化路二段→華江橋→和平西路三段→南寧路→中華路二段から一段→成都路
公共交通機関

高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、MRTに乗り換え、「西門駅」下車。


 
top
Last Update:2014-03-10 10:28:45