跳到主要內容區塊
人気 : 九份九分高雄淡水

現地の情報

最も重要な国家記念日。国を挙げて慶祝式典やパレード・遊芸大会など一日中繰り広げられる。最も重要な国家記念日。国を挙げて慶祝式典やパレード・遊芸大会など一日中繰り広げられる。 rgb(232, 117, 54);">税金とサービス料

商品はほとんどが内税となっているので、別途税金を支払う必要はありません。また、個人商店などでは、納税していることを証明するために、「統一発票」と呼ばれるレシートを発行してくれます。 

台湾のホテルや高級レストランなどでは、精算するときに、10%のサービス料が加算されます。 

祝祭日

2017/1/1 正月休み。国定休日は1日のみ。各都市ではカウントダウンイベントなどが行われている。
2017/1/27-1/30 旧正月休み(旧暦の大晦日と旧暦の1月1日~3日)
三大節句の中で最も華やかなもの。台湾ではこの時期がお正月休暇として大型連休となる。
2017/2/28 平和記念日 
2017/4/4 清明節。「民族掃墓節」とも呼ばれて祖先のお墓掃除などを行う。
2017/5/30 端午節(旧暦5月5日)
この時期は各地でドラゴンボートレースが開催され、粽を食べる習慣がある。三大節句の一つ、端午節が過ぎると気候は夏季型になる。
2017/10/4 中秋節(旧暦8月15日)
満月にちなんで一家団欒するほか、街のいたるところで月見を楽しむ人たちが溢れてくる。月餅や柚子が市場にでてくる時期でもある。三大節句の一つ
2017/10/10 国慶日
最も重要な国家記念日。国を挙げて慶祝式典やパレード・遊芸大会など一日中繰り広げられる。

 

電圧と飲料水

電気については、一部の山間地域を除いて問題はありません。停電も少なく、電気で困ることは少ないです。ちなみに電圧は日本と異なる(110V、60ヘルツ)ので、アダプターを使用することができますが、電池式のものを持っていくとよいでしょう。

水は自来水(水道水のこと)が完備されているので心配はありませんが、そのままでは飲めません。現地の人も一度沸騰させたものを冷まして飲んでいます。また、あちこちに飲水器が置いてありますので、それを使用することもできます。歯みがき、洗顔の際は水道の水で大丈夫です。

電信サービス

公衆電話

台湾の公衆電話は、コイン式とカード式の2種あります。コイン式は、1元、5元或いは10元コインが使えます。市内電話の場合、1元で一分間の通話ができます。カード式には、プリペイドカードとICカードがあり、台湾全国で使用できます。「プリペイドカード」と「ICカード」は1枚100元、200元と300元の3種あり、鉄道の駅やバスターミナル、観光地あるいはコンビニで買えます。市外電話は、まず相手方の市外電話番号をプッシュして(公衆電話上の説明参照)、それから相手方の電話番号をプッシュします。

携帯電話

  1. 日本の携帯電話をそのまま利用する場合

    「海外対応機種に買い換える」または「日本で海外用携帯電話をレンタルする」の2通りの方法があります。携帯電話会社によって機種やサービスが異なるため、詳しくは各携帯電話会社にお問い合わせください。

  2. 現地でレンタルする場合

    最近では現地で携帯電話をレンタルする場合でも事前に日本で手続きを行い電話番号を確認できるサービスがあるのでとても便利です。台湾の桃園国際空港第一及び第二ターミナルの到着ロビー、出国ロビーにも台湾大哥大(TaiwanMobile)、遠傳(FarEastton)ほか、 主要会社の携帯電話機のレンタルサービスカウンターがあり気軽に借りることができます。

  3. Wi-Fi事情

    持参したスマートフォンで、台湾現地の無線LANを利用するにはコンビニエンスストアなどで1日使用や日数限定、月単位などで使用可能な通信会社の各種プリペイドカードを購入し、設定したのちに気軽に使用することができます。台北では台北市公衆無線ブロードバンド (WIFLY) による「台北無料公衆無線LAN」(Taipei Free)を準備して、旅行者に便利で快適な無料Wi-FIも提供しています。使用規定や事前登録の申請などにつきましては下記サイトのQ&Aをご参照ください。

国際電話

【台湾から日本へ】ひと目でわかる、国際電話のかけ方

  1. 台湾の国際電話識別番号002または005、006、009、などをプッシュ
  2. 日本のカントリーコード81、頭の0を外した市外局番の後に相手先番号を入れる
    例)東京 03‐1234‐5678にかける場合
    002、005など +81 +3 +1234‐5678
    国際電話識別番号 + 日本の国番号 + 市外局番 + 相手先番号

※公衆電話から日本にかける場合も上記の通り。

国際直接ダイヤル通話(IDD)

 

登山する場合の注意事項

高山への登山は、厳しく規制されており、甲級入山証の申請が必要です。4人以上の登山パーティなら、中華民国山岳協会が英語のガイドを派遣してくれます。規制がそう厳しくない山に入る場合は、乙級入山証を申請してください。入山証の申請は各地区における管轄警察局で行っておりますが、手数料が必要です。また、申請の際は、パスポートなど身分証明書の提示が必要ですので、忘れないようにしてください。

入山申請をするときは、現地の管轄所で外国人用入山届に必要事項を記入してください。その場合、パスポート、外国人居留証、台湾の事業管理機関が発行した身分証明書、管理機関が発行した入山についての証明文書などを身分を証明するものが必要です。外国人用入山届に必要事項を記入したあと、警察署または管轄県市の警察局、派出所、国定公園管轄警察所に提出してください。台湾の人と一緒に入山する場合は、台湾人の入山許可証が適用されます。

お問い合わせ

  1. 内政部警政署 886-2-2357-7377 
  2. 中華民国山岳協会 886-2-2594-2108

外国人の入山許可証取得について

管轄機関:各県市警察局外事課
申請手続:申請書一枚
必要書類:

  1. パスポート、ビザあるいは外国人居留証
  2. 入山理由届
  3. 手続費用NT$10元

有効日数:申請時に申し出る
 

業務・営業時間

行政機関や市役所など:平日(月曜日~金曜日)の午前8:30~午後12:30、午後13:30~17:30。
企業:平日(月曜日~金曜日)の午前9:00~午後17:00。
デパート:一般的には午前11:00~午後22:00。年中無休。
商店:午前9:00~11:00に営業を開始するところがほとんど。年中無休。
博物館、美術館、ギャラリー:休館日は月曜日。

外国人旅客購買営業税還付申請

外国人旅行者向け税金還付申請について

一、対象者:

次のいずれかに該当するパスポートで中華民国に入国し、入国日からの滞在期間が183 日に満たない外国人旅行者:

  1. 中華民国以外のパスポート。
  2. 国民身分証統一編号のない中華民国のパスポート。
  3. 旅行証。
  4. 出入国許可証。
  5. 臨時滞在許可証。(注:国際空港または国際港湾での営業税還付申請に限り可。少額での税金還付及び特約市内での税金還付は対象外。)

二、営業税還付申請の条件:

税金還付マークの貼られた店舗にて、外国人旅行者が同一日、同一店舗で還付対象となる商品を購入し、その合計額が新台湾ドル2,000元( 税込) を超えた場合、購入当日に店員に対しパスポートを提示し、税金還付申請を申し出た方に適用します。また購入した商品は、購入日から90日以内に携帯して国外へ持ち出さなければなりません。

三、還付申請場所:

  1. 空港・港湾での税金還付:空港または港湾における税金還付受付カウンター。
  2. 少額の税金還付:税金還付マークが貼られた特約店舗。
  3. 特約市内での税金還付:税金還付マークが貼られた特約市内の税金還付受付カウンター。

‧詳細については、外国人旅客電子化税金還付サービスのウェブサイトにアクセスしてください。

四、税金還付申請の手順:

  1. 出国時のチェックインで手荷物を預ける前に、電子化自動税金還付機または税金還付受付カウンターにて、パスポート及び税金還付明細申請書をスキャンし、審査を行います。
  2. 税金還付システムにより税関審査が必要か否かの結果が表示されます。税関審査の必要がない場合は、電子化自動税金還付機または税金還付受付カウンターにて税金還付の手続きを行います。税関審査を受ける必要がある場合は、下記の書類を税関カウンターに提示し、手続きを行ってください。
    • 電子化自動税金還付機より発行された審査書。
    • 税金還付明細申請書。
    • ご自身のパスポート(旅行証、出入国許可証または臨時滞在許可証)。
    • 「税金還付対象貨物」及び「パスポート番号の下四桁」が記載された統一発票(レシート)または電子発票(レシート)。
    • 購入された商品
  3. 電子化自動税金還付機または税金還付受付カウンターで発行された「外国籍旅客購買特定貨物退税明細核定単」を出国する空港または港湾に設置された指定銀行または現金カウンターに提出して還付金を受け取ります。

五、関連リンク:

  1. 外国人旅客電子化税金還付サービスのウェブサイト
  2. 外国人旅客購買税金還付ガイド(ダウンロード

合法旅行会社の選択

国外から台湾ツアー旅行に参加された方には、現地旅行社が使用言語によりガイドを派遣致します。その際、ツアーガイドが正式なガイドライセンスの保有者であるか否かを気に留めるようにしましょう。もし非合法のガイドに出会った場合、参加した旅行団の行程表、契約書、旅行社名などの資料を交通部観光局オフィシャルサイト内の『ご意見箱(局長メールボックス)』までお知らせください。当局までご連絡、またはご意見を頂けますようお願い申し上げます。

  • ツアーガイドライセンス(正面)

    ツアーガイドライセンス(正面)

  • ツアーガイドライセンス(反面)

    ツアーガイドライセンス(反面)