跳到主要內容區塊

離島の旅

コバルトブルーの海、澄み切った青い空、そして満天の星です。情緒あふれる漁師の町へ旅したければ、ボストンバッグを片手に今すぐ台湾の離島へ出かけましょう。そこはマリンパラダイスの風情と魅力があふれています。

台湾はアジア大陸の東端にあたり、ユーラシアプレートとフィリピンプレートの境に位置します。特殊な地理環境とプレートの移動で引き起こる地質活動が頻繁なため、台湾本島自体が複雑かつ多様な地形と生態環境を形成してます。またその特色は、周りの離島にも影響を及んでいます。代表的な離島の観光スポットと言えば、澎湖、緑島、蘭嶼、金門、馬祖、亀山島、小琉球などです。所在する位置、地質背景、生活の違いにより、それぞれの景観が発達してきました。そのため、自然生態や地質の観賞、歴史探検、スキューバーダイビング、古跡めぐり、レジャー活動など、旅人のニーズに合った楽しみ方が満喫できます。

澎湖

中国大陸と台湾海峡の間に位置する澎湖は90にも上る大小の島々からなっています。海岸線は約320キロに達し、1年を通して四季折々の風情や景観が味わえるほか、自然生態や歴史人文にも恵まれています。玄武岩で有名な方山、海岸に延々と続くサンゴ礁、砂浜、漁村文化、そして渡り鳥の生息が島の主な観光スポットです。特に方山は、澎湖ならではの景観を生み出していろ所です。また、寒流と黒潮の交流点でもあるため、海の幸が豊富です。このほか、澎湖は世界レベルで自然のままの玄武岩が残っている場所として知られるばかりか、野鳥やアオミドリガメが繁殖活動を行うなど大変貴重な場所であるとしても有名です。動物や自然を愛する人なら、是非とも訪れてほしいところです。

  • 西嶼灯台の夕景

    西嶼灯台の夕景

  • 双心石滬

    双心石滬

緑島

台東市の東方約33キロの海上に位置する緑島は火山岩塊でできた島です。長年の風化と侵食で入り組んだ海岸線ができ上がりました。切り立った台地の海岸、独立してそびえる岩壁、美しいサンゴ礁、青々とした草原、真っ白な砂浜、周りいっぱいに広がる緑とコバルトブルーの海を合わせた光景はまるで一枚の絵のようです。このほか、島には世界有数の海底温泉もあります。黒潮の通り道だけでなく、海底からはとうとうと水が沸き上がるため絶好の漁場にもなっています。また、サンゴ礁の畑で熱帯魚が戯れる様子は海底の絵巻を彷彿させ、スキューバーダイビングファンにとっては、見逃せないポイントです。

  • 緑島灯台

    緑島灯台

  • 緑島の夕景

    緑島の夕景

蘭嶼

台東県の東南にある島で、緑島同様、海底火山の噴火でマグマが海に流れ出し、固まってできた火山島です。気候は多湿多雨で山間部は雨林がうっそうと茂っています。動植物の種類も豊かで枚挙にいとまがないほどです。島の周りはサンゴ礁に囲まれ、黒潮の通り道でもあるため、しょっちゅう魚の群れが回遊しており、海釣りやスキューバーダビングのパラダイスとなっています。島民のほとんどはヤミ族(タオ族)で、今でも厳しい暑さと台風をしのぐための半地下に建てられた草ぶきの家で生活を営んでいます。今もなお、飛魚祭りや進水祭りなどが行われ、伝統、文化、生活習慣を昔のまま受け継いでおり、世界における少数民族の中でもまれな存在であると言われています。蘭嶼を訪れたら島の美しい風景だけでなく、ヤミ族(タオ族)特有の文化風習を思う存分楽しんでください。

  • 蘭嶼新船下水祭りの儀式

    蘭嶼新船下水祭りの儀式

  • 蘭嶼

    蘭嶼

金門

大陸までわずか2100メートルという距離にある金門は丘陵地で、主に花崗片麻岩で構成されています。金門の歴史は戦争との係わりが深く、「戦争の島」とも呼ばれるほど、戦地のにおいがぷんぷんと漂う島です。また、金門では歴史の爪痕が数え切れないほど残っており、面積としては小さいところですが、政府によって保存指定された古跡は、21カ所にも達します。住宅には閩南地方特有の三合院の建築様式が用いられています。至るところで素朴そのものの古い家が見かけられ、懐かしい雰囲気に包まれています。

  • 4月12日に後浦で城隍を迎える祭り

    4月12日に後浦で城隍を迎える祭り

  • 金門の代表的なランドマーク-莒光楼

    金門の代表的なランドマーク-莒光楼

馬祖

台湾海峡の西北にある馬祖は大陸から目と鼻の先ほどのところにあり、海運の要所となっています。花崗岩を中心にした地形は海蝕が進み、天然の砂礫の砂浜、砂丘、岩礁や切り立った崖などがあり、美しい曲線を描いた海岸や渡り鳥の来訪地など、自然の生態資源に恵まれています。立地条件の制限を受け、閩東の昔ながらの集落を形成する住宅形態を採っているほか、軍備防衛を目的に設置された軍事施設もあります。

  • 馬祖-青の涙

    馬祖-青の涙

  • アジサシの生態観察-馬祖島クルージング

    アジサシの生態観察-馬祖島クルージング

亀山島

宜蘭県頭城鎮の海岸から東方約10キロに位置する孤立した火山島で、海に浮いた亀のような形で、岩がそびえ、硫黄の煙がもうもうと立ち込め、温泉が湧き出ています。連山、海蝕洞窟、湖、崖から生える植物や海の動植物資源が豊富なことから、火山地質や自然生態系の研究にも使えるまさに生きた教室のようです。

小琉球

屏東県東港鎮の西南、約14キロの海上にあり、台湾にある多数の島のなかで唯一サンゴ礁によってできた島です。世界3大サンゴ礁島の筆頭ともいわれ、サンゴの種類も多く、島全体がサンゴ礁でできています。島には面白い形の石や岩がごろごろしており、海の眺めも最高です。このほか、漁港でもあることから、信仰心が非常に豊かで、島のあちこちに廟が設けられています。目を引く廟ばかりなので、一度行ってみると良いでしょう。

心静かにゆったりと孤島のバケーションを楽しみたいなら、台湾の離島は究極の選択と言えましょう。コバルトブルーの海と雲ひとつなく果てしなく広がる青い空を感じながら、純朴な人々や豊かな歴史が旅人の心をつかんで放さないことでしょう。台湾の離島の旅は旅人を飽きさせない魅力にあふれています。

  • 小琉球の有名な花瓶岩

    小琉球の有名な花瓶岩

  • 亀山島

    亀山島

 

おすすめコース