メインコンテンツへ飛ぶ

名湯温泉

「温泉」―この地球の熱い涙は、大地が人類に与えた貴重な宝物であり、昔から保養と水治療法の天然資源とされてきました。また、台湾は神の寵児といえるほど環境条件に恵まれ、尊い資源を持つばかりでなく、地熱が豊富で、冷泉、温泉、濁泉、海底泉など、多様な泉質を持ち、世界で最も優れた泉質を持つ地域と言えます。

「温泉」は地底から湧き出る天然の温水です。台湾においては、特殊な地殻構造が、ユーラシアプレートとフィリピンプレートの接点に位置しており、環太平洋地震帯の中にあって、地熱が台湾全島にあまねく行き渡り、島の全域に温泉資源が見られます。雲林県、彰化県、澎湖県の他に、島の県や市の殆どに温泉の跡があり、台湾は温泉王国であると言っても過言ではありません。

現在、台湾で発見されている温泉拠点は百数カ所にのぼり、平原、高山、渓谷或いは海域を問わず、至る所に温泉源があります。分布について言えば、北部の大屯火山系温泉の分布が最も密集しており、中央山脈の両側に沿って、北の宜蘭から南の屏東に至るまでが、温泉の数の最も多い地域で、台湾全域の八割以上を占めています。

殆どの温泉は地底の深い所にあることから、地面に湧き出る時に大量且つ多様な鉱物質が伴います。成分や濃度、温度の違いによって、泉質も異なります。台湾の泉質は、冷泉と温泉を含めて非常に多様で、その中でも宜蘭県の蘇澳冷泉の気泡炭酸は、イタリアのシシリー島及び韓国の新近で発見された冷泉に並ぶものです。この他に、台湾には、世界でも少ない濁泉と海底温泉があります。

台湾各エリアの温泉の紹介:

  • 礁渓温泉北台湾温泉区
  • 谷関温泉中台湾温泉区
  • 南台湾温泉区南台湾温泉区
  • 東台湾温泉区東台湾温泉区

台湾の温泉は、1894年にドイツ人のQuelyにより初めて北投で発見されました。その後、台湾は日本に割譲され、日本の温泉文化が入り込んできました。1896年3月、日本大阪出身の平田源吾氏により、北投に台湾初の温泉旅館「天狗庵」が建てられました。これが北投温泉郷時代の始まりとなっただけでなく、台湾温泉文化の幕開けともなりました。日本統治時代に最も名が知れていた四大温泉と言えば、北投、陽明山、関子嶺、四重渓でした。しかし、台湾の温泉は、1945年以後次第に繁栄から衰退、没落へと転じていきます。これを受け、1999年に関連機関が立ち上がりで、近年では、台湾温泉の華やかな風貌が再現され、温泉ブームが再び湧き起こり今日に至っています。

台湾の温泉の開発利用は、これまでとは異なり、更に一層の進歩を遂げました。伝統的な温泉浴に新しい健康保養概念が加わり、現在の温泉の楽しみ方は多種多様と言えます。温泉水治療法から、温泉プール、温泉サウナ、温泉マッサージ風呂、保養浴場、温泉フィットネス館まで、その種類は実に豊富です。多くの企業が多額の経費を投入して、温泉旅館を新設したり改築したり、ひいては、現代的でテクノロジー的なハード設備を追加購入したりして力を入れてきました。こうした単純な温泉浴概念を温泉水治療法概念へと転じたことが功をなし、人々は伝統的な温泉浴を楽しむだけでなく、更に先進設備の備わった、強力ジェット水流、超音波マッサージ、泉水浮力など物理的作用での温泉を楽しむようになりました。

台湾の温泉の多くは風光明媚な山林の里にあり、温泉浴に行けば、都会の喧騒から離れることができるばかりでなく、温泉区域の湖や山の景色、大自然の鳥や虫の鳴き声、森林の香りを楽しむことができ、まさにレジャーと健康づくりのダブル効果が得られます。台湾温泉の旅は、お金を費やすだけの価値があったと貴方をきっと満足させてくれることでしょう。

おすすめコース