メインコンテンツへ飛ぶ

台湾元宵節の祝賀イベント

台湾ランタンフェスティバル

「民俗文化根、伝統国際化(風習を文化として根ざし、伝統を世界に広めよう)」を合い言葉に、1990年、現在の台湾フェスティバルの原型である「台北ランタンフェスティバル」が開催されて以来、毎年元宵節に行われています。元宵節にランタンを提げる伝統風習イベントを、地元に根ざした伝統やハイテク、国際化の理念を織り交ぜながら、スケールの大きな観光イベントに発展させました。以来、ランタンフェスティバルは国内各地で催され、全国的な祝賀イベントとなっています。中でも「台湾ランタンフェスティバル」は抜きん出た、国内外でも著名な祝賀イベントです。

  • 台湾ランタンフェスティバルのメインランタン

    台湾ランタンフェスティバルのメインランタン

  • 太鼓のパフォーマンス

    太鼓のパフォーマンス

  • 熱鬧非凡的臺灣燈會

    赤いランタン

  • ミニランタン

    ミニランタン

台北、高雄ランタンフェスティバル

台北ランタンフェスティバルは花博公園で数日にわたって開催され、元宵節当日、クライマックスを迎えます。会場にはその年の干支をモチーフにした大型のメインランタンが設置されます。公園の中に伝統のランタンや現代的なランタン、華麗な山車がすき間なく飾られています。

高雄ランタンフェスティバルは愛河で行われます。期間中、愛河の両岸や五福路、和平路、広洲街などには多くのランタンが展示され、華やかなアトラクションが繰り広げられます。

台北平渓天灯

平渓の天灯には興味深いエピソードがあります。新北市の平渓地区は、かつて大変辺鄙なところで、開拓者は何度となく危険な目にあいました。そこで、灯ろうを空に飛ばして互いの無事を伝えあったそうです。これが由来となっていますが、今では元宵の夜空を飾る観光イベントに発展しました。

台南鹽水蜂炮

台南市鹽水区の武廟には、「蜂炮」と呼ばれる行事があります。言い伝えでは、清の光緒年間、鹽水一帯に疫病が猛威をふるったため、住民が廟の神様「関聖帝君」(三国志の関羽)のお告げに従って、正月13日~正月15日の3日間、町中で爆竹を鳴らしたところ、疫病が嘘のように治まったそうです。それ以来、関聖帝君に感謝を込めて、元宵節に爆竹を鳴らすことを定着しました。祭りでは、関帝像を乗せた神輿が市内を一巡りします。

鹽水区の「蜂炮」は、元宵節の前夜(正月14日)から始まります。神輿が着くと、民家や商家では、次々と爆竹に火をつけます。爆竹の火花と爆音は夜明けまで続きます。

  • 夜の平渓天灯上げ

    夜の平渓天灯上げ

  • 平渓天灯上げ

    平渓天灯上げ

台東炸寒単

寒単爺とは、商売の守護神-武財神のことを指します。寒単財神は商の時代の趙武官公明で、理財に長けていました。そのため死後は天上界の金庫を管理する役人となったと言い伝えられ、金銭を司る、「五路財神」の一人として崇められています。また寒単爺は寒がりのため、爆竹で寒さを追い払うという説もあり、一般には「爆竹を鳴らす爆音が大きいほど、その年の財運も上向く」と信じられています。 

  • 塩水蜂炮(爆竹やロケット花火の祭り)

    塩水蜂炮(爆竹やロケット花火の祭り)

  • 炸寒単カーニバル

    炸寒単カーニバル

台湾各地の宗教的イベント、民俗文化行事、スポーツ競技:台湾イベントカレンダー