跳到主要內容區塊
人気 : 九份九分高雄淡水

人々

情熱的な台湾の人々

初めて台湾へお越しの貴方にとっては、さぞビックリすることばかりかと思われますが、これは多様な歴史的背景を持つ台湾の、多様多彩な文化でございます。

台湾は発展の過程において、原住民、閩南(福建の南部)や客家(広東の一部分)からの早期移民、オランダ人、スペイン人、日本人、さらには近く中国大陸からの移民などが登場しておりました。当地の人たちは伝統的な文化をよく保存すると共に新しい文化も発展していますので、現在貴方は台湾で、原住民の文化、当地本来の文化、中国の文化、そしてオランダ人や日本人が残していった歴史の古跡が見られます。

言語

マンダリンは台湾の公式用語です。しかし台湾の氏族には閩南(福建の南部)から来た人が多いので方言として閩南語(河洛語)を話す人が多く、人数のやや少ない客家人(広東から来た人たち)や原住民の各族は、それぞれ特有の言語を保有しています。また日本の植民地統治が半世紀の長きに及んだので、今の年がいっている人たちは台湾が植民地統治から開放される前までは日本教育を受けており、日本語を話せる人たちがいます。

台湾で一番普及している外国語は英語で、国民教育(小学校及び中学校)の重要な科目の一つになっています。しかし外国の観光客がタクシーに乗る際は、やはり中国文で行き先を書いて運転手さんに見せたほうが、安全な方法だと言えます。

この外、台北は中国語を勉強する最適の場所で、多くの語学学校が中国語文を教えており、時間数で習うコースから、単位を授与する大学のコースまであり、欧米から夏休みにわざわざ台湾へ来て習う人や、1、2年かけて中国語を勉強に来る人たちもいます。

  • 平渓でランタンを飛ばす外国人行楽客

    平渓でランタンを飛ばす外国人行楽客

  • 台湾の外国人行楽客

    台湾の外国人行楽客