人気 : 九份九分高雄淡水

歴史

多元的なエスニックグループの融合文化

台湾の歴史は、少なくとも7000年前まで遡ることができます。7000年前から約400年前まで、南島(オーストロネシア)語族の原住民の祖先が、次々と台湾に漂流し、現在の台湾最初の住民であるといわれています。

16世紀の大航海時代には、西洋人が極東まで航海し、貿易活動や殖民を行いました。台湾は、東アジアの陸と海の交点にあり、更に東北アジア海域と東南アジア海域が交わる位置にあることから、東洋と西洋の各勢力が徐々に競合する場所となりました。17世紀前期には、オランダ人が安平(今の台南)に進出して拠点を作り、台湾で布教や貿易のほか、各種の生産活動を開始しました。中国沿海地域の漢民族を募って台湾の開拓が進められました。これが台湾多民族としての歴史の発端です。

その後、短かった鄭氏政権の時期と清朝統治の200年の間に、漢民族の移民が徐々に増加し、台湾で漢民族社会が形成されていきました。19世紀末には、帝国主義の拡張が進み、台湾は日本の殖民地となりました。50年間にわたる日本の殖民統治を経て、台湾は、伝統社会から現代社会へと転換し、1945年第二次世界大戦の終了とともに、日本による殖民地統治は終わりました。20世紀後半には、歴史が交錯する中、台湾は経済の奇跡と民主化を成し遂げ、世界から注目されるようになりました。台湾における歴史の発展は、台湾自身の発展の脈絡から見ても、世界の歴史の脈絡から見ても、非常に特殊であり、世界各国の歴史学者の関心を集めています。

現在の台湾は、インフラストラクチャーの整備が進み、便利な交通システム、完備された通信サービスによって、アジア太平洋地域屈指の先進国となっています。

  • 淡水紅毛城

    淡水紅毛城

  • 總統府

    総統府

ご友人にシェア