跳到主要內容區塊
人気 : 九份九分高雄淡水

観光関連リンク

  • 個性ある市場
    • 故宮オンラインショップ
    • 台北花卸売市場
      台北花市は台北最大の切花市場です。他の花市と一番大きく違う点は、早朝4時から営業が開始される点で、台北で最も大きい花の卸売り市場です。台湾は一年を通じて花を育てるのに適しています。したがって、ここには様々な花や鉢植えが展示されています。また、ここには大型駐車場がある上、バスの便も多く、交通が非常に便利です。
    • 建国休日花市
      週末になると、信義路三段と建国南路高架道路の交差点にある、建国休日花市は買い物客でいっぱいになります。休みを利用してゆっくり花を選び、家の中を花で飾りたいと思う人は多いはずです。建国休日花市では、切り花や鉢植え以外に、花器や種も販売されています。ここは園芸を楽しむ人にとっては天国です。建国休日花市のそばには大安森林公園もあり、花を見るのもよし、花を買うのもよし、公園を散歩するのもよし、休日を楽しむには最適の場所です。
    • 台北鉢植え植物卸売市場
      花を見るだけで飽き足りなかったら、いくつか鉢植えの花を買って帰るのも一つの案です。2004年4月、台北の木柵に新しい花の卸売り市場ができました。ここの最大の特色は鉢植えの花をメインに、切り花をサブとして扱っている点です。暖かな春が近くなり、花が咲き始める季節はちょうど中国の旧正月の頃でもあります。春を告げる花、銀柳、長寿花、荷包花(Calceolaria)、そして、進歩を願う開運竹や金運を願う金銭樹等、様々な縁起物の鉢植えや盆栽がここには何でもあります。
    • 法藍瓷
      台湾オリジナルの磁器ブランドである「法藍瓷」は、数々の国際的な賞を受賞しています。2004年には、イギリスの「ベスト陶磁器作品賞」を受賞しました。陳立恆氏の指導の下、大自然シリーズは各種カップ、ソーサーのセット、花瓶、食器に、蘭、芙蓉、水仙等の花をあしらっています。またそれらがかもし出す艶やかさや優しさは、実に生き生きしており使う人の目を楽しませてくれます。
    • 建国休日玉市
      花市のほかにペンダントや玉器、琥珀等が売られています。
    • 光華商場
      光華商場はかつて八徳路-市民大道間にある光華橋の下にありました。1,973年4月に誕生しました。光華商場はできた頃は牯嶺街の古本屋台がメインで、それに続く八徳路一帶は、違法建築や違法の屋台が軒並みに並んでいました。当時はそれほど有名でもなく商品の種類も多くはなかったので,ここを訪れる買い物客もまばらで、利益をそれほど上げてはいませんでした。ところが1,979年間ごろから骨董品、玉(ぎょく)、電子部品関連商店が進出するようになり,1,990年代からはコンピューター通信関連の商品が飛躍的に扱われるようになりました。

      次第に人気を博すようになった光華商場周辺では,約百軒以上もの通信情報および関連産業商品の取扱店が並んでいます。光華商場は2,006年1月18日に金山北路77号のリニューアルした売り場へと移転しました。光華商場では、コンピューターおよび関連機器のほか,人気ブランドの運動靴、ビデオテープ、カセット、CD、DVD、ポスター、ゲームソフト、書籍、音響、ウオークマン、MP3、ケイタイ…等といろいろな商品が目白押しで、價格も安く,各店舗ごとに商品の価格を比べられる楽しみもあってか,沢山の学生が買い物に訪れにぎわっています。