メインコンテンツへ飛ぶ

観光関連リンク

  • ショッピングセンター
    • 夢時代ショッピングセンター
      夢時代ショッピングセンターは米国の著名なRTKL建築士事務所の設計で、自然・海洋・生活が一体となった見事な空間を作り出しています。前面には藍鯨館と称されるクジラをモデルにした建物、後方には九階建ての本館です。二つの建物は連絡通路で結ばれ、名勝太魯閣峡谷をイメージして、日光の滝が降り注ぐ趣向もあります。
    • 京華城 Living mall
      台北最大のショッピングセンターです。デパート、映画館,飲食店などが集合しました。
    • 遠企購物中心
      台北市のファー・イースタン・プラザホテル内にあるショッピングセンターです。
    • 特力屋
      イギリス系のDIYホームセンターです。
    • IKEA
      スウェーデン系の家具・インテリア・雑貨店。
    • 台北 101
      Taipei 101は、台湾で一番高いビルで、階下の部分にショッピングセンターを設置し、LVMH社のショップを集めました。LV、Dior,Celineなど世界最先端のブランド品ショップがそうです。4階にはシンガポールのPage One 書店と台北最大の室内空間を持つカフェなど、何軒もの洗練された料理レストランがあります。
    • 微風広場(ブリーズ・ショッピング・センター)
      台北市内の忠孝商圏に位置しており、23000坪の広さも占めている超大型ショッピング・センターです。百貨エリア、美食広場、スーパー、飲食街、映画館などを揃っている複合のレジャー広場とも言えます。
    • 美麗華百楽園
      総面積7,500坪で、夜空に輝く大観覧車、ショッピングモールをはじめ、レジャー施設もあり、「O.D.S」つまり”One Day Stay”の観念に基づいた新しいタイプの大型レジャーショッピングモールです。
    • グローバルショッピングモール
      フールラインターゲットや駅ビル型のショッピングセンターを経緯にし、台湾副都心にある生活及びアミューズメント機能を持たせる施設であります。そのうち新竹における世博店では世界博覧会にある台湾テーマ館をはじめ、上海世界博覧会にある”山水心燈”、所謂台湾での伝統行事である''放天燈”を再現します、それは祈願や心を癒すことを示しながら、全店台湾志向や生活テイストを再表現します。